MENU

MR2の廃車買取相場について

MR2はトヨタの人気のスポーツカーで、年式が古くてもまだまだ値段が付きます。
綺麗に乗ってる方ならかなりレアですので、買取金額も期待できると思います。

 

年式

型式

グレード

走行距離

金額

昭和61年

EーAW11

102,000km

7万円

平成元年

EーAW11

105,000km

27万円

平成4年

EーSW20

GT

140,000km

12万円

平成10年

EーSW20

GTーS

152,000km

23万円

 

MR2とは

日本の自動車メーカーにおいて、市販された初めてのミッドシップエンジン車がトヨタMR2です。

車名の由来は、MidshipRunabout2sheaterの略語で、Midshipはエンジンが車体の前後ではなくシート裏付近に載っている事を指し、Runaboutは乗り物を表す総称、2sheaterは2つの座席から名付けられました。
それまでミッドシップカーといえば、フェラーリなどのスーパーカーに限られていたのですが、MR2の販売により一般ユーザーが幅広くミッドシップの魅力を体感できるようになったと言われています。
1983年に開催された東京モーターショーに出展された「SV-3」の市販モデルとして1984年に販売を開始。発売初年にカーオブザイヤーを受賞しました。
1999年まで販売されていましたが、現在は生産されていません。

 

⇒廃車買取で高く売れるおすすめランキング

MR2の廃車買取で高く売るには?

MR2を、少しでも高く買取してもらうためには、廃車買取一括査定を使うと、有利に車を売れるとして、とても人気があります。

 

買取一括査定の登録方法はとても簡単ですから、空いた時間にサクッと入力できます。すぐに買取業者からの情報を知ることができますし、最大で10社もの査定額がわかりますから、迅速に高値で取引できそうな車買取業者をピックアップできます。

 

また、登録料も一切かかりませんし、24時間気になったときに申請できます。スマホ端末からも利用できますから、外出先でも使える点が魅力です。なかには、車買取一括査定で数十万もアップして、高額で売却できた人もいます。ぜひ上手に活用してみて下さいね。

廃車買取一括査定の口コミ

中古車一括査定は高額取引きの大きなきっかけになります

昨年中古車一括査定を利用して車を売却しました。
国産のSUVの7年落ちのモデルでしたが、どうも新車の買い替えで下取りに出してもあまりいい金額にならないようなので、思い切って一括見積もりのサイト二箇所に登録してみました。
最近では買取業者はほとんど短時間でオートオークションで転売するようなのですが、このオークションがいろいろあってそれぞれに市場のニーズが異なるようなので、できるたけ多くの業者に査定をしてもらうと需要のある市場に接している業者が高く査定をつけてくれるので、かなり役に立つことがわかりました。
結果としてもっとも査定を高く提示してくれた業者と本査定の交渉をしてほぼ予想通りの金額で買取をしてもらました。
やはりこうしたサイトは積極的に利用して、最も高く買取をしてくれる会社を見つけるのがお得だということがとてもよく理解できた次第です。
中古車の価格というのは市場の需給バランスで常に変動しているものなのです。

MR2について

トヨタMR2の魅力

トヨタMR2は1984年から1999年まで製造販売していた車で、国産車初めてとなるミッドシップカーです。
高級なイメージがあるミッドシップを手の届く範囲の価格で仕上げた新しい種の車です。
ミッドシップは前後の車の重さ配分を4対6にできる事が最大の特徴で走る、曲がる、止まるといった車本来の機能を高バランスにさせたのがミッドシップです。
コーナリングでは繊細な操作を要するのが男性には魅力的でした。
そして、外装は直線的なデザインでスポーツカーらしい低いシルエットが特徴的です。
内装は外装と同様で直線的なデザインで2シーターの狭い車内でも広く感じさせるようにインパネを低くしたりなどの工夫がなされました。
当時のキャッチコピーは「背中には、2人を酔わせるハートがある」というものでした。

 

懐かしいライトが特徴

MR2はトヨタが2000年の前まで生産していた車のことで、基本的にスペックは昔の状態となっています。特徴的なのはライト部分で、広範囲を照らす時は閉じているライトを上げることで行うようになっています。そのため通常や見られない部分が夜になると見られるようになるのです。
現在でも中古で取引されている車の1つですが、使用しているパーツは高騰している関係で、レストア費用が結構高い車になっています。国内初のミッドシップとして発売されたために旧式の部品が多く、流用できる所が無いために高騰しているという要因があります。
サーキットで走る分には相当スペックが高く、2代目以降のMR2はステアリング操作も楽になっています。現在でも人気の高い車種であるのは間違いありません。

このページの先頭へ