MENU

一時抹消登録とは

一時抹消登録とは、名前の通り一時的に自動車を使用しない時にする手続きです。

 

例えば、海外出張や長期海外旅行、入院等で何年も車に乗らない時に一時的に廃車をする手続きです。
自動車販売店等の業者さんは、在庫で保管する時にこの一時抹消登録の手続きをします。

 

良くお店でナンバーが付いてない車がそれです。
そもそも何で一時抹消登録をするのかというと、車は乗らなくても、税金の請求が毎年来ます。あらかじめ長期に渡り乗らない事がわかっている場合は一時抹消をしておけば税金を払わなくても良くなるので、無駄な費用がかからないのが目的です。

 

一時抹消登録をしておけば、普通車だと、登録識別情報等通知書、軽自動車ですと、返納証明書という書類が発行されますので、その書類があれば再度登録出来ますので、また車を乗る事が出来ます。
廃車買取で車を売る時等は、この手続きがされます。

一時抹消登録の注意点

一時抹消登録の手続きをする時は、ナンバーを返納しますので、手続き後は公道を走る事は出来ません。
再登録をする時には、車検を再度取るようになりますので、車庫証明書や、印鑑証明書、住民票等登録に必要な書類が再度必要になります。
登録をする場所は、軽自動車は軽自動車検査協会、普通車は陸運局、陸運支局になります。

普通自動車の一時抹消登録に必要な書類

普通自動車の一時抹消登録の廃車手続きに必要な書類は以下の通りです。

廃車手続きをする場合は、使用者ではなく、所有者の書類が必要になります。

 

自動車検査証

 

印鑑証明書(所有者の印鑑証明書で発行後3ヶ月以内の物)

 

実印

 

ナンバープレート2枚

 

申請書(OCRシート3号書式の2)※

 

手数料納付書※

 

自動車税申告書※

 

※の手数料納付書と自動車税申告書は陸運局で無料で貰えます。
※の申請書は陸運局の書類販売窓口で購入します。
申請手続きに本人ではなくて、代理人が行く場合は委任状が必要になります。
委任状は、所有者の印鑑証明書の印鑑が捺印された物が必要になります。

軽自動車の一時抹消登録に必要な書類

軽自動車の一時抹消登録の廃車手続きに必要な書類は以下の通りです。

 

自動車検査証

 

認印(所有者と使用者の印鑑)

 

ナンバープレート2枚

 

申請書(OCR 軽第4号様式)※

 

自動車税申告書※

 

※の自動車税申告書は陸運局で無料で貰えます。
※の申請書は陸運局の書類販売窓口で購入します。
申請手続きに本人ではなくて、代理人が行く場合は申請依頼書が必要になります。
申請依頼書は、所有者と使用者の印鑑が捺印された物が必要になります。

このページの先頭へ