MENU

失敗しない廃車業者選びについて

車を廃車にする時には、必ずどこかの業者に任せると思います。

それが、ディーラー、中古車販売店、近所の車屋さんや、修理工場、ガソリンスタンド等色々ありますが、ここで注意が必要なのが、ちゃんと廃車処分をしているかという事です。

 

例えば、まだ値段が付くような車は、業者オークションに出したり、第3者に販売したりしている業者がいます。
ユーザーさんには、10年以上経っているからとか、10万km以上走っているからとか、故障しているから等の話をして、処分代を取ったり、無料だったり、数千円で買取しますよと言って引き取って、
解体せずに、そのまま第3者に販売している場合が多々あります。

 

車検がついている車をそのまま転売されたら、、自動車税や重量税、自賠責保険の還付が受けられなくなります。

 


廃車する業者を選んだら

  • 転売しないで、廃車手続きはやってくれるのか
  • 車をちゃんと解体してくれるのか
  • 車検が残ってる場合は、重量税等の還付はどうなるのか
  • 解体や廃車手続き遅くてもいつまでには終わるのか
  • 終わった時の確認方法はどうなのか

等は最低限聞いておいた方が良いです。
ちゃんとしている業者ですと、引き取り証明書等を発行してくれますので、後からトラブルにならないように貰っておきましょう。

 

 

引き取り証明書等を貰っておかないと、こういう事があります

新たに軽自動車を友人から譲り受けるにあたり、それまで乗っていた軽自動車を処分することになりました。
ネットで色々と調べ、自宅から比較的近い解体業者にお願いしました。
(永久)抹消手続きは、自分でできるし、費用を抑えたかったので、解体業者には解体のみをお願いしました。

 

あまり良い顔をされませんでしたが、結局、約1か月後に解体番号を記載したハガキを送付しますということでした。
その解体番号を待って永久抹消手続きに行こうと思ったのですが、2カ月経っても解体業者からは音沙汰なしでした。

 

そこで、その解体業者に連絡したところ、解体が混んでいて、まだお客様の車の解体が終わっていませんとの返事でした。
正確な解体日時がわかれば、電話で連絡しますとのことでしたが、その後は一切連絡なしでした。
結局、解体業者ともめるのも嫌でしたので、最初に解体業者に車を持って行ってから約3か月後に陸運局に行き、一時抹消しましたので、税金は止められました。
その時に陸運局で調べてもらったら、私の車はまだ解体されていないとのことでした。

 

こんなインチキ業者もありますので、業者選びは慎重にしないといけないと思います。
多少の知識がある方等でしたらまだ良いですが、確認しないで、業者に任せきりにすると、翌年度に、解体したはずの車の税金納付書が送られるなんてことがあるかもしれません。
普通、きちんとした業者なら、混んでない時期なら、1週間~2週間以内に解体番号を教えてくれます。

 

 

失敗しない廃車をするならこちらのサイトがおすすめです。
廃車せずに、買取してもらえる場合がありますし、ここに入っている業者さんは信頼出来る業者さんなのでおすすめです。

 

廃車買取一括査定がおすすめな理由

車を売る時には、車買取一括査定が非常におすすめです。その理由は、この一括査定で査定をする方が、普通の査定よりも車が高く売れる可能性が高くなるためです。というのも、一括査定の場合には業者の競合が起こりやすくなりますから、お客さんを他の業者に取られまいと結構サービスをしてくれます。
また、手間をかける事なく複数の業者に査定をしてもらう事で、一番高い業者に決める事が簡単にできるので全く損なく査定をしてもらう事ができるのです。
このような理由から、車買取一括査定は車高くうりたいと考えている方には非常におすすめできるサービスです。ネット上から無料で気軽に利用をする事が可能ですから、車を売る時には是非とも利用してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ