MENU

ローンの支払いが終わっていない廃車の買取について

すべての人が現金で車を購入しているわけではありません。
多くの人がクレジット会社と契約して新車をローンで購入しているのです。
この場合、クレジットローンを組んで購入した車は、車検証に記載されている所有権がクレジット会社となっています。
ローンを完済したら、自分の所有の車となるのですが、その場合でも所有権の変更手続きをしなくてはいけないのです。
自動車税の支払基準となる名義とはまた違っていますのでこのあたりがややこしいところではあるのです。
自動車税の場合は使用者にかかるとされているのです。この場合、ローンの仕様有無にかかわらず、使用者は本人となります。
自動車ローンが残っている場合でしたら、車の所有権はクレジット会社となっているので、すぐに中古車の売却を進めるわけにはいきません。
この場合、売却前にクレジット会社からの所有権解除という手続きをする必要があるのです。
ローンが残っている場合はその残債を現金で全額支払いをするほうが一番いいのですが、手元にそれほどの資金がないという人もいることでしょう。そうであってもローンが残っている中古車を売却する方法があるのです。
とは言ってもそれほど難しいものではなく、多くの中古車買取店ではローン中の車でも買い取ってくれるのです。
もちろんなんでもOKというわけではありません。
中古車買い取り業者に査定してもらって、中古車の買取査定額がローンの残債よりも高ければ、その買い取り額をローンの残債に当てることができます。そして差し引いた額が現金として手元に残るというわけです。
それでは、この場合でしかローン中の車の売却はできないのでしょうか。
ローンの残債が業者の買取査定額を上回ってしまった場合、つまり車を売って買い取り額を差し引いてもローンが残る場合です。
この場合は、可能であれば現金支払いもできますが、無理でしたら新しくローンを組み直すことで補います。
この場合も元のクレジット会社からの所有権解除をすることになります。

いずれの場合でも、買取業者が手続きを代行してくれるので利用者は手間要らずということになります。
もっとも、結局支払金額が増えてしまうことにもなりかねません。手元に資金がないのですから、新しく購入する新車代金もローンということになるでしょう。完済までが長期化しますし、金利などの手数料負担が増えてしまいます。
ですのでよく考えたうえで利用するようにしましょう。もっともすべての業者が対応しているわけではありません。
ネットのオンライン一括査定を利用して探してみましょう。

このページの先頭へ