MENU

永久抹消登録とは

永久抹消登録は、一時抹消登録と違い、2度とその車を乗らない時に行う手続きです。
世間一般で良く言う廃車とはこの事を言います。
永久抹消登録をする時は、最初に自動車を解体しないと出来ませんので、先に解体屋さんにスクラップしてもらってから永久抹消登録の手続きをするようになります。
永久抹消登録をどのような時にするのかというと、
例えば、事故をして乗れるような状態ではないとか、故障して、修理代が高く乗らないとか様々な原因で2度と乗らない、乗れないとう時に行う手続きが永久抹消登録です。
廃車買取してもらった時は、その業者さんがまた乗ったり、売ったりする場合がありますので、この手続きでなはく、一時抹消登録手続きをする場合が多いです。

永久抹消登録の注意点

永久抹消登録の手続きをする場所は、普通車だと陸運局、陸運支局、軽自動車だと軽自動車検査協会で手続きします。永久抹消登録の手続きをする場合は、まず解体の手続きをしてからの手続きになります。
手続き前に、解体屋さんで車を潰してからの廃車手続きという事です。
当然解体屋さんで車を潰すので、もう二度と車を走らせる事は出来ません。
解体屋さんで車を潰して処理が終わると、リサイクル券の移動報告番号が送られてきます。
その移動報告番号が送られてきたら、永久抹消登録の手続きが出来ます。
処理が終わる前には、永久抹消登録の手続きは出来ませんので、注意が必要です。
移動報告番号が送られてくる日数は、解体屋さんにもよりますが、数日から2週間位の間で送られてくると思います。
普通車の場合は、永久抹消登録の手続きをすると、一時抹消と違い、抹消の証明書等は発行されません。
その他、一時抹消と違う点は、永久抹消登録をすると、車検時に払った自動車重量税の還付申請が出来ます。
月割りで還付出来ますので、何ヶ月か車検が残っている場合は、還付手続きをしましょう。

普通自動車の永久抹消登録に必要な書類

普通車の永久抹消登録の廃車手続きに必要な書類は以下の通りです。
永久抹消登録の廃車手続きをする場合は、一時抹消登録と違って、自動車をスクラップ(解体後)でないと手続きが出来ませんので注意が必要です。

 

自動車検査証

 

印鑑証明書(所有者の物で発行後3ヶ月以内の物)

 

ナンバープレート2枚

 

リサイクル移動報告番号

 

申請書(OCRシート3号書式の3)※

 

自動車税申告書※

 

手数料納付書※

 

※の自動車税申告書、手数料納付書は陸運局で無料で貰えます。
※の申請書は陸運局の書類販売窓口で購入します。
申請手続きに本人ではなくて、代理人が行く場合は委任状が必要になります。
委任状は、所有者の印鑑が捺印された物が必要になります。

軽自動車の永久抹消登録に必要な書類

軽自動車の永久抹消登録の廃車手続きに必要な書類は以下の通りです。
永久抹消登録の廃車手続きをする場合は、一時抹消登録と違って、自動車をスクラップ(解体後)でないと手続きが出来ませんので注意が必要です。

 

 

自動車検査証OR返納証明書

 

認印(所有者と使用者の印鑑)

 

ナンバープレート2枚

 

リサイクル移動報告番号

 

申請書(OCR 軽第4号様式の3)※

 

自動車税申告書※

 

※の自動車税申告書は陸運局で無料で貰えます。
※の申請書は陸運局の書類販売窓口で購入します。
申請手続きに本人ではなくて、代理人が行く場合は申請依頼書が必要になります。
申請依頼書は、所有者と使用者の印鑑が捺印された物が必要になります。

このページの先頭へ